にきびキュア
トップページへ戻る
 
 
このページをブックマークする
 

大人にきび

大人にきびについて

「ニキビは青春のシンボル」というCMがあったように、若い人にしか起きないような言い方をされているにきびですが、実際は20歳を過ぎてから起きるニキビというのがあります。それがいわゆる「大人にきび」というやつなのです。ここでは大人にきびの症状・原因・対策を考えてみましょう。

 

大人にきびの出やすい部位
大人にきびが出やすい場所

大人にきびの原因
大人にきびの原因

大人にきびの知識

それではにきびというものがどのような原因で起きるのか、大人にきびは普通のにきびとは違うのかなどといった基礎知識を考えて行きます。

にきびとは

ではにきびがどうしてできるのかという、基本的なところを説明します。人間の皮膚には「アクネ菌」と呼ばれる菌が住んでいます。彼らは普段人間の皮膚を適性に保つ役割をはたしてくれる「いい子」なのですが、皮膚の毛穴が皮脂でつまってしまうとそこを温床にして途端に増殖して「悪い子」に変わります。その結果皮膚が炎症を起こしていわゆる“にきび”になるのです。

大人のにきびとは

さて、思春期の頃のにきびの主原因は新陳代謝が活発で、それにより皮脂も増産されて毛穴がつまる、というのが最大の原因ですが、大人にきびはその割合がぐっと減り、代わりに生活習慣、体質などが原因になることが多く、ここが普通のにきびとの最大の違いになります。こういった原因でにきびになるのは成人である事が多いので「大人にきび」と呼ばれるのですね。

大人にきびが出やすい場所

普通のにきびは顔の全体、おでこでも鼻でもどこにでも出やすいのですが、大人にきびは顔の下半分、特にアゴや口近辺がもっともでやすくなります。

大人にきびの原因

大人にきびは甘いものや油分の多い食事を好む、ストレスを溜め込む、睡眠が足りていないといった生活習慣に左右されることが多いのですが、その他にもUVや乾いた場所に長時間いるといった環境の問題、女性なら生理・便秘・化粧によるものなどその原因はいろいろある上に、時にはそれらが重なって大人にきびを発症させる原因になります。

大人にきびの症状

大人にきびでもにきびでも基本は同じですから症状も同じです。つまり皮膚に吹き出物が出来てしまい、触れると痛むというのが主な症状です。ただ、おなじにきびでも症状が進むと色が変わっていきます。黒っぽく見える黒にきびから白、赤、そして最終段階の黄色に達します。

白にきび
白にきび

黒にきび
黒にきび

赤にきび
赤にきび

色によるにきびの進行段階

白にきび

初期段階のにきびです。皮脂が盛り上がって白っぽく見えるのが特徴です。やはりこの時期にきちんとスキンケアしておくことが大事です。

→ 白にきび

黒にきび

こちらもにきびの初期段階です。外見的には酸化した皮脂のおかげで黒っぽく見えます。できればこの時点でスキンケアして治療しておきたいものです。

→ 黒にきび

赤にきび

黒にきびや白にきびを放置すると、炎症が広がって赤く見えるようになります。ここまで来ると完全に“にきび”で、最低でもこの段階で治療が必要です。

→ 赤にきび

黄にきび

にきびの最終段階です。炎症が悪化してウミを持つと同時に皮膚の下、いわゆる真皮にまで影響を及ぼすために、にきびそのものが治ってもクレーターと呼ばれる痕が残ってしまいがちです。

大人にきび対策
大人にきびの対策

大人にきびの対策

にきびは皮脂がつまってしまい、そこから炎症を起こすことが原因ですから対策もそれに沿ったものになります。つまり「皮脂を必要以上に分泌させず・出た皮脂は毛穴からスムーズに排出し・雑菌が繁殖しない丈夫で清潔な肌を保つ」の3つを心がけることになります。

大人にきびの対策:余計な皮脂を分泌させない

これは生活習慣にかなりのウェイトがかかります。脂っこい食事をさけたり、規則正しい睡眠をとったりといった日ごろの積み重ねがそのままにきび対策の基本となるのです。特に食生活は重要です。

大人にきびの対策:皮脂はスムーズに排出させる

毛穴が汚れていて、出口がふさがっていれば当然のことながら皮脂は外に排出されません。まずはこの汚れを洗い流し、毛穴を開通させて皮脂の排出が出来やすいように心がけましょう。さいわい大人にきびに効果的な洗顔用品なども用意されています。

大人にきびの対策:丈夫で清潔な肌に

にきびは皮膚が炎症を起こしているのでそこを汚れた手で触ったり、髪の毛が常備こすれたりすれば炎症が悪化してしまうのは当然ということになります。また、紫外線が多い場所や乾燥した場所にいると皮膚の抵抗力が弱ってしまうのでこれもにきびの悪化原因になります。

大人にきびの対策:まとめ

ここまでで基本的な大人にきび対策は充分だと思います。しかしこれは大人にきびを起こしにくく、悪化させないようにする対策ですから、今現在大人にきびを発症して困っている人はこれにプラス薬などで治療する必要があります。もちろんこういった薬の効果を安定させるためにもいままで紹介した大人にきび対策は必要です。大切なお肌のケアなのですから薬だけに任せず、あなた自身もなるだけ応援してあげるようにしてくださいね。

 

大人にきびが悪化したら

体質や生活習慣などが大きいのですが、もしも大人にきびがいつまでも治らない、悪化しそうな兆候が見えた場合は迷わず皮膚科を受診しましょう。たかがにきびと思って放って置くと、のちのちまでにきび痕が残るなどといった深刻なダメージを残すことになります。特に大人のにきびは肌そのものも弱って来ているわけですから、もしも自分の手にあまると思ったならプロのアドバイスに従い、適切な薬を処方してもらいましょう。

リンクの詳細

にきびの種類
→ 大人にきび
→ 白にきび
→ 黒にきび
→ 赤にきび
→ あごにきび
→ にきび跡