にきびキュア
トップページへ戻る
 
 
このページをブックマークする
 

にきび化粧水

にきび化粧水

にきび化粧水について

にきびにならないためにも肌の保湿・保水は必要です。にきびの原因にもなる皮脂の過剰な分泌は、乾燥や無理な洗顔での肌に与える刺激によって起こります。肌に保水力があれば余分な皮脂も出てきませんのでにきびにもなりづらいのです。

 
にきび予防に保湿
にきび予防に保湿

にきびになぜ保湿?

にきびがあるからベタつくのは嫌だと洗顔後に化粧水を使わない人がいます。保湿をしなければ皮脂が余計に出てしまいますよ? 皮脂が余計にでるということは、にきびも増えるかもしれませんよ? にきびに化粧水での保湿が必要なのは、肌に潤いを与えることで、余分な皮脂を出さないためです。保湿ができていると肌も安定します。にきび用化粧水の中には硫黄の入っているものがあります。化膿したにきびを乾燥させて治そうとするものです。脱脂力が強すぎるために、大人にきびの人が硫黄入りの化粧水を使うと益々肌が乾燥してしまい、せっかくにきびを少しでもよくしようと使った化粧水で、反対に肌を荒らしてしまい、にきびを増やすことにも成りかねません。敏感肌用の化粧水を使ったり、大人にきび用の化粧水も市販されていますので、しっかり保湿して肌をケアしてあげましょう。


肌別に選ぶ化粧水

保湿の大切さ
保湿はしっかり行いましょう

肌別に選ぶ化粧水

化粧水に含まれる保湿剤は水の蒸発を防ぐ働きをします。オイリースキンでも乾燥肌でも肌への水分は必要です。だからといって肌質を無視して化粧水を使っていては逆効果になることも。自分の肌に合った化粧水を選びましょう。オイリースキンの人は、アルコールの入ったさっぱりタイプがおすすめです。少しの間、皮脂の分泌を抑えてくれますが、化膿したにきびがあるときはヒリヒリしてしまうのでアルコールの入っていない化粧水を使いましょう。乾燥肌の人はもちろんしっとりタイプを使いましょう。どちらの肌タイプでも、肌への刺激の少ない化粧水を使うようにしましょう。コットンにたっぷりと化粧水をとり、やさしくパッティングしながら肌へ保湿成分を入れてあげます。

ちょっと一息

にきびにはしっかりしたクレンジングと洗顔が大事なのよ。洗顔後の保湿でにきびを増やさないようにしないと……そう私に言われたお客様。化粧水でケアするように口酸っぱくアドバイスしてお帰りいただきました。が……化粧水でのパッティングが面倒だったようです。洗顔後いきなり乳液をつけ、その上からクリームまで塗ったそうなんです。もちろんにきびは悪化しました。確かにこれらは保湿してくれますが、クリームでは油分が多すぎて逆効果です。お客様が目くじら立ててクレームにみえました。「保湿をしたのにひどくなった」というのです。私の言葉が足りなかったことをお詫びし、なぜクリームがにきびにはいけないのか、どうしてもクリームを使いたいのであれば、乾燥しやすい目元、口元だけにするようお伝えし、赤にきびになる前に必死でケアして改善の方向へと向かったのでした。また、にきびの化粧水を手作りしているというお客様がいらっしゃいまして、なんだか肌がおかしくなってきたといいます。手作りされた化粧水をお持ちいただいたところ、保管状況が悪かったのか変質してアンモニア臭がしています。すぐに破棄しましたが、手作り化粧水は変質しやすいので十分注意してください。

 

どくだみ化粧水

どくだみの化粧水は敏感肌の人やにきび肌の人にお勧めです。殺きん効果や炎症を抑えてくれる働きがどくだみにはあります。もちろんアトピーの人でも使え、痒みからくる肌のホテリも沈めてくれます。自分で簡単に手作りもできますが、くれぐれも上の「ちょっと一息」でのエピソードのようなことにならないよう、保管だけはきちんとしてくださいね。

どくだみ化粧水の作り方

  • 乾燥どくだみ 60g(薬局などで購入できます)
  • 35度のホワイトリカー 300ml
  • 精製水 50ml
  • はちみつ 大さじ1/2

密閉できるガラスのビンなどにホワイトリカーとどくだみを入れ、1週間から10日ほど冷暗所に置きます。その後どくだみを取り出し原液のできあがりです。出来上がった原液と精製水、はちみつを合わせて容器に入れ、よく振って混ぜたら出来上がりです。原液の保存は1年程ですが、作った化粧水は冷暗所で保管し、3週間以内に使い切りましょう。たっぷり出来上がりますので惜しげもなく使えますね。

リンクの詳細

にきびの種類
→ 大人にきび
→ 白にきび
→ 黒にきび
→ 赤にきび
→ あごにきび
→ にきび跡