にきびキュア
トップページへ戻る
 
 
このページをブックマークする
 

にきび跡

にきび跡

にきび跡について

にきびというものは意外とたちが悪く、放って置くとなかなか治らない上に、悪くしてしまうとにきびの跡が残ってしまい、悩みのタネになってしまうものです。しかも悪いことににきびは服では隠れない顔などに重点的に出来てしまうのでますます困ってしまいます。ここではにきび跡が残ってしまう理由や対策を重点的にお話しましょう。

 

にきび跡が出来るわけ

にきびとは

にきびは簡単に言うと皮膚の炎症の一つです。毛穴が汚れたり皮膚の角質がつまったりすると皮膚の脂、いわゆる皮脂が毛穴に溜まります。ここににきびの原因となるアクネ菌などが繁殖すると皮膚は炎症を起こし、かゆみ・痛み・発疹などを起こします。これがにきびです。

表皮と真皮

表皮と真皮
肌の表皮と真皮の仕組み

にきび跡が残るにきび・残らないにきび・その1

にきびは皮膚が炎症を起こしているというのはさっき言ったとおりですが、この炎症が悪化するとにきび跡が残りやすくなります。普通私たちが皮膚と呼んでいるのは表皮という部分なのですが、その下には真皮と呼ばれる「表皮の赤ちゃん」があります。

にきび跡が残るにきび・残らないにきび・その2

表皮はいずれ垢としてはがれ落ちていきます。その頃には真皮が成長して次の表皮へと変わっていき、その下では新しい真皮が生まれています。これが皮膚のサイクルです。さて、もしもケガをしてしまい、真皮を生み出す組織まで達してしまうとその部分は真皮を生み出すことが出来なくなるか、出来たとしてもゆっくりになってしまい、これが傷跡として残るようになります。

にきび跡が残るにきび・残らないにきび・その3

さて、皮膚にとってはケガも炎症も同じダメージを与えるものです。つまりにきびによる炎症が真皮にまで達してしまうと、にきび跡が残ってしまうということになるのです。俗に“クレーター”と呼ばれる皮膚の凸凹はその部分だけ真皮組織がダメージを受けたために跡が残ってしまう状態ということです。

にきび跡が残るにきび・残らないにきび・その4

つまり、にきびが表皮だけの炎症のときに症状を抑えることが出来ればにきび跡は残らないし、もしも残ったとしても軽くて済みますが、これが真皮にまで影響を与えるほど放置するとにきび跡がはっきりと残ってしまいます。にきびは普段露出している顔などに出来やすいことを考えると美容上からも大変困った状態といえます。

にきび対策
にきび跡対策

にきび跡の治療と対策

ここからはにきび跡を残さないようにするための対策と治療方法などを紹介していきましょう。

にきび跡対策・その1

にきび跡の対策はたった一つであり、確実なものが「にきびにならない」ことです。にきびの原因は体調・体質・汚れ・スキンケアの間違い・ストレス・生理などなど、多種多様ですがその中でも最大の原因が食生活です。脂っこい料理などが好きな人は充分注意が必要です。特に新陳代謝が活発な若者は皮脂の出が多いので食生活を改善しないとにきびになりやすくなります。

にきび跡対策・その2

とはいっても、にきびになるなというのも無理な話です。そこで次の一手として「早めの治療」が有効になります。にきびは初期のうち、つまり真皮にまで炎症が届いていないにきびのうちに治療して炎症を抑えればにきび跡が残りにくくなります。普段の肌のお手入れと早期のにきび治療の2つがにきび跡治療の柱です。

→ にきび跡の治療

大人にきび
大人にきび

大人にきびについて

20歳を超えてから出るにきびは大人にきびと呼ばれ、にきびの原因が体質やスキンケアの間違い・ストレスなど、生活習慣のウェイトが大きくなるのが特徴です。こちらはにきびの治療のほかに元になっているストレスや間違った洗顔・投薬などを改善することも必要です。原因がはっきりせず、なかなか治らないようであれば皮膚科などの専門医を受診しましょう。

→ 大人にきび


にきび治療

まずはにきびが出来た場合の治療方法から。初期のにきびで止められればにきび跡の心配がありません。この段階で大事なことは炎症を悪化させないこと。汚れを放置する・肌に合わない薬や洗顔方法を行う・にきびをつぶしたりこすったりしてにきびを活性化させるなどはいずれもにきびを悪化させる原因です。こうしたことに気を配って適切な処置を行いましょう。あまりにきびがひどければ恥ずかしがらずに専門医を尋ねましょう。

→ にきび治療

リンクの詳細

にきびの種類
→ 大人にきび
→ 白にきび
→ 黒にきび
→ 赤にきび
→ あごにきび
→ にきび跡