にきびキュアモバイル

どくだみ化粧水

どくだみの化粧水は敏感肌の人やにきび肌の人にお勧めです。
殺きん効果や炎症を抑えてくれる働きがどくだみにはあります。
もちろんアトピーの人でも使え、痒みからくる肌のホテリも沈めてくれます。
自分で簡単に手作りもできますが、くれぐれもこのページの下で説明する「ちょっと一息」でのエピソードのようなことにならないよう、保管だけはきちんとしてくださいね。

どくだみ化粧水の作り方

  1. 乾燥どくだみ 60g(薬局などで購入できます)
  2. 35度のホワイトリカー 300ml
  3. 精製水 50ml
  4. はちみつ 大さじ1/2

密閉できるガラスのビンなどにホワイトリカーとどくだみを入れ、1週間から10日ほど冷暗所に置きます。
その後どくだみを取り出し原液のできあがりです。
出来上がった原液と精製水、はちみつを合わせて容器に入れ、よく振って混ぜたら出来上がりです。
原液の保存は1年程ですが、作った化粧水は冷暗所で保管し、3週間以内に使い切りましょう。

たっぷり出来上がりますので惜しげもなく使えますね。

ちょっと一息

ビューティーアドバイザーの時にあった、あるお客様とのやり取りをご紹介します。

「にきびにはしっかりしたクレンジングと洗顔が大事なのよ。洗顔後の保湿でにきびを増やさないようにしないと」
……そう私に言われたお客様。
化粧水でケアするように口酸っぱくアドバイスしてお帰りいただきました。
が……化粧水でのパッティングが面倒だったようです。
洗顔後いきなり乳液をつけ、その上からクリームまで塗ったそうなんです。
もちろんにきびは悪化しました。
確かにこれらは保湿してくれますが、クリームでは油分が多すぎて逆効果です。
お客様が目くじら立ててクレームにみえました。
「保湿をしたのにひどくなった」というのです。
私の言葉が足りなかったことをお詫びし、なぜクリームがにきびにはいけないのか、どうしてもクリームを使いたいのであれば、乾燥しやすい目元、口元だけにするようお伝えし、赤にきびになる前に必死でケアして改善の方向へと向かったのでした。
また、にきびの化粧水を手作りしているというお客様がいらっしゃいまして、なんだか肌がおかしくなってきたといいます。
手作りされた化粧水をお持ちいただいたところ、保管状況が悪かったのか変質してアンモニア臭がしています。
すぐに破棄しましたが、手作り化粧水は変質しやすいので十分注意してください。

にきびの予防方法

にきび予防
化粧品でのケア
専用化粧水について

にきびキュアHOME

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊