にきびキュアモバイル

洗顔後の化粧品の扱い

にきび用で硫黄の入ったものがありますが、思春期の若い子でしたら大丈夫なのですが、大人にきびのできている女性には、カサカサしてかえって肌が荒れてしまいますので使用は控えましょう。
ただ、洗顔後そのままにしていると、肌が失った脂分を補おうとするので化粧水で肌と毛穴を整えてあげなくてはいけません。
コットンに化粧水をバシャバシャするくらいたっぷりとってパッティングします。
パッティングすることによって毛穴が引き締まり、余分な脂分が出てくるのを抑えます。
もちろん無添加や自然派化粧品を使います。
中でも皮膚科の医師が勧める「NOV」のシリーズにはアクネ用、おとなにきび用の化粧品がラインで揃っていますので使ってみてはどうでしょう。

にきび跡のケア

にきび跡に効く化粧品というのはありません。
メイクするときに目立たなくする化粧品はありますが、治すのではなく隠すものです。クレーターの用に肌が凹んでしまっている場合は、そこの部分の皮膚の再生はすぐには改善されません。
日頃の洗顔、水分補給、保湿が重要になってきます。
保湿というと、肌がベタついてにきびがひどくなると思っていませんか?
保湿は肌の水分を保つということで、脂分を溜め込むこととは違うのです。肌に保湿力があるとふっくらしますし、毛穴も詰まりにくくなるのです。

にきびでも使える化粧品

にきびでも使える化粧品は数多くありますが、中でもおすすめなのが「NOV」のシリーズです。
このシリーズは段階別になった基礎化粧品とメイクアップ用品があります。
思春期にきび用のアクネシリーズに、大人にきび用の基礎化粧品、大人にきびが落ち着いてきたら次のステップの肌に優しいラインの基礎化粧品、そして普通肌用と肌の状態に合わせて使っていけるシリーズです。
しかも、メイクアップシリーズでは、リクイドファンデーションには基礎化粧品の中のスキンケア成分と全く同じ物が使われていますので、メイクしながらスキンケアできるファンデーションです。
大人にきびに使えるこれだけ揃った化粧品は他に類を見ませんね。
肌のことだけを考えたこのNOVのシリーズは超おすすめです。

化粧品はあくまで補助として

にきびができて困ったと嘆く前に、にきびができてしまった原因をちょっと考えてみてください。
大人のにきびの場合は洗顔が不十分でメイクが落ちきれていなかったり、不規則な生活や睡眠不足、バランスのとれていない食生活も原因となります。
仮に便秘や疲れからくるにきびもありますし、汚れた手で触ることによるにきびもあります。
できてしまったにきびを化粧品でケアするのはもちろんのこと、根本的なところから改善していかなければイタチごっこになってしまいます。

にきびの予防方法

にきび予防
化粧品でのケア
専用化粧水について

にきびキュアHOME

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊