にきびキュアモバイル

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法はにきび肌だけではなく、全ての肌に共通して言えることです。決してゴシゴシ肌をこすらないでくださいね。

洗顔前

  1. 事前に手を洗っておきましょう。手に油分がついていると石鹸を上手に泡立てることができません。ハンドクリームなどを塗っている場合は綺麗に洗い流しておきましょう。
  2. 髪の毛を束ねてまとめておきましょう。顔全体を出して洗顔します。
  3. 熱めの蒸しタオルを2〜3分、顔にのせて毛穴を開いておきましょう。
  4. お風呂での洗顔の場合は、湯船にゆっくり浸かって、毛穴が開いてからにしましょう。
  5. メイクをしている場合のクレンジングも毛穴をよく開いてから行いましょう。
  6. クレンジングも肌に残るとくすみやにきびの原因になります。しっかり落としましょう。
  7. クレンジングもゴシゴシこすってはいけません。たっぷりとクレンジング剤を使い、なじませるように指先でマッサージして浮かせて落としましょう。

洗顔

  1. ぬるめのお湯で素洗いします。このとき、顔の皮脂が手についた場合は洗っておとしておきます。手に油分があると石鹸が泡立ちません。
  2. 手に洗顔料や石鹸をとり、その手を窪ませるようにして空気を混ぜるようにして泡立てると上手に泡ができます。うまく泡が作れない場合は泡たてネットを使いましょう。手では作れないフワフワモコモコの弾力性のある泡が作れます。できれば手で泡だてるのではなく、この泡たてネットの使用をお勧めします。洗顔は手で洗うのではなく、泡のクッションで洗うからです。
  3. 乾燥しやすい頬や目の周りは後回しにして、皮脂の多い場所から洗い始めます。額・鼻・こめかみですね。泡のクッションを使い、優しくマッサージするようにして、絶対指の腹でゴシゴシこすらないようにしてください。刺激になって肌荒れを起こしたり、にきびがひどくなったりします。にきびのでやすい首筋やアゴ忘れずに洗顔しましょう。
  4. すすぎはぬるま湯を使います。泡の残りやすい髪の毛の生え際は意識してしっかりすすぎましょう。泡が残っているとにきびの原因になります。
  5. 洗い終わったらタオルで顔をこすらずに、上から押さえるようにして水分を取りましょう。せっかく洗顔をきちんとしていても、タオルで肌を傷つけては台無しです。

にきびの治し方

にきび治療
にきび跡の治療
にきび薬について
漢方での治療
洗顔方法

にきびキュアHOME

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊