にきびキュアモバイル

にきび薬のポイント

にきび薬には色々な効果を期待する働きがあるものですが、毛穴に詰まった皮脂を取り除く効果のあるもの・角質をとる効果のあるもの・炎症を抑える効果のあるもの・肌の活性化を促す効果のあるもの、などがあります。
目的に合わせたニキビ薬を選びましょう!

皮脂を取り除く

肌の状態がオイリー肌だった場合、皮脂を取り除く効果のあるものが比較的効果があると考えられます。
石鹸タイプのものや、中にはクリーム状のものもありますが、石鹸タイプのにきび薬であまり頻繁に洗顔を行うと皮脂を過剰に取りすぎるのでかえって皮脂の分泌を促すことになる場合もあります。
また、皮脂を取り除く効果が高いものは乾燥肌・乾燥に強い混合肌のタイプの方にはお勧めできません。

角質を取り除く

角質を取り除く効果があるにきび薬は通常「ケミカル・ピーリング」と呼ばれるにきびの治療方法に使われます。
「フルーツ酸(AHA)」と呼ばれる酸性の物質を使って肌に溜まったアクネ菌や毛穴をふさぐ角質を取り除く効果があります。
病院でのにきびの治療としてもにきびに効くことから効果があると認められているもので、受診して必要だと判断されると専用のピーリング用のにきび薬を使って治療してくれます。
また、市販のものでも、フルーツ酸が含まれたやや弱めのピーリング効果があるものも販売されていますが、ピーリングは肌にある程度の負担がかかり行った後のケアも重要です。
市販のものを使って頻繁に行うのは避けたほうがいいでしょう。

炎症を抑える

黒にきびや白にきびは毛穴の中に皮脂や汚れが詰まった状態ですが、それが炎症を起こしてしまうと痛みを伴うことの多い「赤にきび」になってしまいます。
大人にきびと呼ばれる思春期後のにきびは炎症に早い速度で発展してしまうことがありますが、そういった場合はまず炎症を抑えるにきび薬を使います。
また、炎症を抑えるにきび薬を使いながらも回りにあるほかのにきびが炎症を繰り返さないように同時に治療していく必要があります。
この炎症を起こしてしまったにきびをきちんと治療しないと肌へのダメージが大きくなりにきび痕になって残ってしまうことがあります。

にきび痕対策

にきびが治った後でも、にきびによる炎症のダメージなどで「にきび跡」になってしまう人が多くいます。
にきびに効果があると最近口コミやランキングでも話題になっているのが、ビタミンやビタミン誘導剤の毛穴の引き締め効果です。
ケミカルピーリングとあわせて治療を行うことでにきび跡の予防にも繋がるといわれいます。
成分によっては病院などでしか処方できないビタミンの入った化粧品などもあるようですのでにきび跡に効果があるにきび薬をお探しの方や、背中にきび・あごにきびなどがにきび跡にならないように早めに使ってみたいという方一度といあわせてみるといいかもしれません。

にきびの治し方

にきび治療
にきび跡の治療
にきび薬について
漢方での治療
洗顔方法

にきびキュアHOME

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊