にきびキュアモバイル

にきび薬について

にきびに悩んでいる人は誰でもニキビを治す方法やにきびに効く薬・化粧品などの情報に敏感です。
大きな薬やさんやデパートの化粧品売り場などに行くと、「にきびの薬」「ニキビの治療薬」など、にきびの改善に効果がありそうな文句が書かれた商品が沢山出ています。
しかし、にきびがひどい場合にはやはり皮膚科に行って診察してもらい、にきびの薬を出してもらう場合もありますよね。
一般的に、にきびの治療に使われる薬にはどんなものがあるのでしょうか?
市販の薬と病院の薬にはどんな違いがあるのかなどにきびの薬について調べてみました。

自分にあったものを!

にきび薬といっても、人によってにきびの程度も肌の状態も違いますし、にきびに直接作用する塗り薬や飲み薬もあれば、にきびの原因や周りから改善していく薬もあります。
また、日常生活の中で普通に使っている石鹸やシャンプーなどににきびの改善や肌状態を整える働きのあるものを使っていればそういったものもにきびの薬と言えるかもしれません。
にきびを改善したい・治したいと思っている人自身の肌状態はどうなのかどんな状態になっているにきびなのか、それによって効果のあるにきび薬・予防に使われるにきび薬・使ってはいけないにきび薬などがありそれぞれに使用するときのポイントや注意点があります。

にきび薬と肌状態

小さなニキビがぽつぽつとたまには出来るけれどあまりひどくなることはない、と言う人と大きな赤く腫れあがったにきびが沢山出来る人とでは、同じようににきびが悩みでも肌の状態も使ったほうがいいにきび薬も違ってきます。
また、にきびの原因となる皮脂は、にきびを作るだけでなく健康な肌には必要なものなのです。
適度な量の皮脂がある肌はにきびが出来にくく、皮脂が多かったり少なかったりといった皮脂のバランスが崩れている人はにきびができやすい傾向にあるようです。
まず初めに、自分の肌状態とにきびができやすい肌になってしまっていないかをチェックしてみましょう。

肌状態チェック

タイプ1:顔が全体的にべたっとした感じになっていることが多く、脂っぽい肌をしている

タイプ2:おでこから鼻筋にかけてのTゾーンと呼ばれる部分だけが脂っぽいような感じになりやすいが、それ以外の場所はどちらかと言うと常に若干乾燥気味。

タイプ3:顔全体に乾燥しているとか、脂っぽいという感じは特にない

タイプ4:Tゾーンはべたついいた感じなのに、他の部分はかなり乾燥していることが多い

タイプ5:いつも皮膚が乾燥していると感じている

あなたの肌は1〜5のどのタイプに一番近いと感じますか?
タイプ1が一番皮脂の分泌が多い通称「オイリー肌」と呼ばれている肌質です。皮脂が多く比較的丈夫な肌質なのですが、にきびが出来やすいタイプともいえます。
反対に乾燥肌の場合タイプ5に近い結果になります。
タイプ2・4は乾燥肌とオイリー肌が混ざっている「混合肌」の状態で成人女性に最も多く見られる肌質です。

にきび薬の選び方

自分にあったニキビ薬を選ぶ必要性があることは理解できましたね?次のページでは選ぶポイントについて紹介します。

[にきび薬を選ぶポイント]

にきびの治し方

にきび治療
にきび跡の治療
にきび薬について
漢方での治療
洗顔方法

にきびキュアHOME

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊