にきびキュアモバイル

皮膚科での専門的治療

皮膚科でのにきびの専門的治療でレーザーなどは聞き慣れているでしょうが中には聞きなれない言葉もあります。
いくつかご紹介しましょう。

IPL治療

インテンス・パルスト・ライトの略で、レーザーよりも穏やかに働きます。
IPLはレーザーとは違い、肌の深い部分まで届いて張りを与えて、肌の色むらにも働きかけます。レーザー治療との違いは、照射したあとに赤くなったりかさぶたになったりしないこと、腫れもないこと、部分照射ではなく顔全体に行えるなどの違いがあります。

フォトRF治療

IPLと一緒にRFという高周波を照射する器具を用いて治療するのがフォトRF治療です。
皮膚老化に見られるしみやくすみ、色むらはもちろんのこと、ハリやツヤを改善してくれる治療法です。
にきびによる色素沈着や赤みにも効果を発揮します。

病院で処方する薬

病院で処方される薬は抗生物質である場合が多いと思います。
これは市販薬では買えません。
抗生物質により細きんを消滅させて炎症を抑え、赤みを防いでいきます。
ただ、にきびの原因となっている根本的なものを治療しているわけではありませんから、薬を使用したときは症状がよくなっても再びきにびが出来てしまうことが多いのです。
また、抗生物質には副作用がありますので長期には使えませんので医師の指示をきちんと守りましょう。

市販されているにきび薬

市販されている多くのにきびの治療薬にはイオウが使われています。
角質をはがしてくれる作用があるのですが、脂性を改善する働きもあります。
でも一つ注意が必要です。敏感肌の場合、必要以上に塗った部分を乾燥させてしまう場合がありますので注意しましょう。
漢方薬などもありますが、効き目は穏やかでにきびの改善までには時間もかかりますが、体質改善という意味ではかなりのお勧めです。

コラム

こうしたにきび治療はあくまでも基本的なことであって、万人に当てはまるわけではありません。
10人人がいれば肌の質も10通りあるからです。全く同じ肌質の人はいません。
自分の肌に合った治療法を選ぶべきなのですが、しつこいようですが基本は肌を清潔に保つことと、適度な保湿です。それから食事や生活改善ですね。
肌が健康であればにきびや肌荒れを起こすこともありません。
赤ちゃんのような水分をたっぷり含んだ瑞々しい肌には戻れないかもしれませんが、それに少しでも近づけたらと思いませんか?

にきびの治し方

にきび治療
にきび跡の治療
にきび薬について
漢方での治療
洗顔方法

にきびキュアHOME

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊