にきびキュアモバイル

にきび治療について

にきびの治療というと、皮膚科での治療というイメージがありますね。
もちろん自分でケアするのも治療です。できてしまったにきびを一つでも減らしていきたいと思うあまり、間違ったケアをして肌荒れを起こしたりするようなことのないよう、注意してください。

にきびの治療法

主にニキビの色毎における簡単な治療についてです。

白にきび

白にきびは、にきびの初期症状のためスキンケアや食事の改善、十分な睡眠をとるなどを意識して行うだけで治ってしまうことも多いです。
白にきびは肌の新陳代謝を高めることで常に新しい肌でいることを心がけ、洗顔やクレンジングをきちんと行うことです。
白にきびの数が多くてどうしても気になるばあいは、皮膚科や美容外科でのケミカルピーリングや肌へのイオン導入、レーザー治療などを行うといいでしょう。

[白にきびの基礎]

黒にきび

白にきび同様、黒にきびも比較的初期のにきびです。
白にきびと同様のケアでいいでしょう。この場合も気になるようでしたら皮膚科や美容外科の受診をお勧めします。

[黒にきびの基礎]

赤にきび

赤にきびの治療は根気が必要です。もちろん白にきびや黒にきびと同様のスキンケアが必要ですが、毛穴の内部が炎症を起こし、周りの皮膚組織が壊れはじめている状態です。
日常のスキンケアのほかに、皮膚科での治療も必要になってきます。
ケミカルピーリング、肌へのイオン導入、レーザー治療、IPL治療や圧出治療、フォトRF治療などが行われます。
肌の新陳代謝を促して新しい皮膚を作る手伝いをします。

[赤にきびの基礎]

黄にきび

赤にきびを通り越して、化膿してしまった状態の黄にきびは、皮膚科で抗生物質のお薬を処方してもらわなければいけません。
化膿しているにきびが気になるからと触れてはいけません。
ちゃんと手を洗っていても意外と不潔なものです。
もちろん日常のお手入れはかかさずに行いましょう。
手入れを怠ったり化膿している部分を潰したりすると跡が残ってしまいますので注意しましょう。

医療機関や薬での治療

[にきび治療2ページ目]

医療機関での治療や薬についてを紹介します。

にきびの治し方

にきび治療
にきび跡の治療
にきび薬について
漢方での治療
洗顔方法

にきびキュアHOME

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊